MacBookがやってきた

PC090523

 

MacBookProを購入しました。ノートPCを買うのは大学入学時に「PowerBook」を買って以来です。大学3年生のときにデスクトップのMacProを購入して以来、ノートの必要性があまりありませんでしたが、最近になってノートがあったら便利だなと思う場面が増えてきたので思い立って買うことにしました。今更僕が言うまでもないことですが、最近はノートといえど性能がすごいですね。僕が今メインで使ってるMacProは相当昔のものなのでもしかしたらノートの方が性能がいいくらいかもしれないです。劣るところと言ったら画面サイズくらいなものでしょうか。

 

最近は出来るだけ日々の制作とサイトの更新を家の外に持ち出せるように環境を整えています。昔はインドア派だったのでいくら家にいてもあまり気にしてなかったのですが、ここ数年はわりと外に出かけるのが好きになりました。太陽を浴びるだけでもいくらか健康的だし、外の空気を吸うことで感性も新鮮さを保てるような気がします。年々一年が過ぎ去るのが早く感じるようになっていますが四季の変化を楽しめればもう少し一年一年を大事に過ごせるかなぁと考えたり。

 

なので仕事があっても隙あらば外に出たい。隙というのは「外で出来る作業」のことです。今まではせいぜいアイデアを練ったりスケッチを書いたりなどの紙の上で出来る作業程度だったのですが、ノートがあればPhottoshopやIllustratorなどでちょっとした素材作りや画像処理、資料づくりくらいまで外でこなすことも出来るようになります。がっつりアニメーションの作業に入ったら家での作業になるのもまあしょうがありませんが、その前準備の段階で家に縛られなくてよくなるのは大きいです。

 

どこのスタバに行ってもMacのノートを開いている人を必ず一人は見かけるので、自分もそういう風になるのがちょっと気恥ずかしいような気もしなくはないんですが、実際便利だしやっちゃいますね。そういえば昔、クリエイターの先輩が「カフェで作業するとはかどるっていうのは嘘だから!」と断言していました。それを聞いたときはなるほどそういうものかもしれないと思いましたが、その後僕はカフェで作業をしまくっているので、どうやら感じ方には個人差があるようです。

 

頑張れば頑張るほど不健康になりがちな仕事ですけど、これで少しでも作業する環境に選択肢が増えたらいいなぁと思います。今はMacProの前でノートに張り付いてしまい、肝心の仕事が進まないという状態ですけど。

PC090527